東京へ行きたい人必見!上京する為にまずやるべき6つのこと

「上京したい」
「東京に住みたい」
「東京で夢を叶えたい」

今年こそ地元から離れて東京へ行くと決意はしたもののまず何から始めればいいのかさっぱり分からない!という人はいませんか?今後の人生を大きく左右する事なのでなるべく慎重に物事を進めたいですよね。
そこで今回、東京へ行く為にはまず何を準備して何をしなければならないのか、上京して3年目OLの私が皆さんにアドバイスを贈りたいと思います。

 

 お金の用意

まずはお金の用意です。


お金の用意っていくら必要なの?

ズバリ、上京するための資金としては50万〜100万円は用意しておきましょう。

うーん、結構かかるわね。

引越しや家の初期費用、東京までの交通費、転職してからの初給料までの生活費などお金が必要になるから余裕を持っておきたいね。

よし、節約して貯金するぞ〜!

 

お金は持っておけば上京した後でも安心感があります。お金の底がつきそうになると、お仕事を適当に決めてしまったり家賃の安いアパートに住んで、後々後悔して再び引越しするなんてことも上京後、好スタートを切る為にも貯金は地元にいる時にコツコツとしておきましょう。

夢を叶えるために上京したい!東京に行きたい!けど、まず始めに考えてしまうのはお金の問題ですよね。 現実問題、お金がないと食べる...

 今の職場を退職

現在社会人の方は勤めている会社を退社しなければなりません。
なるべく円満に退職できるよう引継ぎの準備に取り掛かりましょうそして遅くても1ヶ月前には上司に退職したいという旨を相談し、スムーズに退職出来るよう話をつけておくことが必要です。


退職したいって言うの勇気がいるのよねー。

分かるよ。私も上司に相談するときは緊張して前の晩は寝不足になっちゃった!

どうやって乗り越えたの?

この会社を辞めたら東京が待ってる!!って自分に言い聞かせて、未来の東京生活を想像してたら勇気が湧いてきたんだ〜!みんなもいまの会社を辞めるのはとても勇気がいるけど強い気持ちを持って行動してみて!
今年こそ今の会社を辞めて東京へ行ってやる!と決意している貴方。 上京を叶えるためには今勤めている会社を辞めなければいけません。でも辞めるには勇...

 両親の説得


この親不幸者!お前とは親子の縁を切る!!

だめだこりゃ…

次に両親への説得です。
もちろん快く東京へ行っておいでと応援してくれる家族ならその必要がないですが、地元を離れる子供の巣立ちを反対する両親も居ます。

※ちなみに上の会話のやりとりは私と父の実際にあったやりとりです(泣)

ではどのようにして両親を説得したら良いのでしょうか。

両親への説得方法

1.真剣に話し合う

話し合いは当たり前のことですが、感情的になって話し合えない時もあります。東京に行きたいという子供の突拍子も無い発言に取り乱すかもしれません。その際は、一度冷静になるまで待ち、日にちを空けるなどお互いがきちんと話し合える場を作るということも大切です。

2.どうしても東京に行きたいと伝える

自分が東京にどうしても行きたいという熱意を必ず伝えましょう。ただ楽しそうだから、地元は遊ぶ場所がないから、などいい加減な理由ならご両親も反対すること間違いないです。将来の自分のビジョンは東京だから叶えられるということを何度も両親に話しましょう。

3.目標や夢を伝える

どうしても東京に行きたい理由と共に、目標や夢を一緒に添えて話しましょう
例えば「東京へ行ってWEBの仕事がしたいんだ。東京には仕事も多いしスクールだって沢山ある。WEBの仕事を通じて色んな価値観を持った人達にも会ってみたい。一度きりの人生後悔したくないんだ!」
あなたが目的を持って東京へ行くと分かればご両親もきっと最後は分かってもらえます。

 

最初は反対されるかもしれませんが、繰り返し説得してご両親から背中を押してもらえるよう熱意を持って語りましょう。

東京へ行く決意は固まったけど、両親に許可をもらおうとしたら上京行きを反対されたという方。 かつて私も上京したい...

 部屋探し

次に東京での住まい探しです。
お部屋を決める時は必ず内覧をしましょう!

不動産サイトをチェックすると思いますが写真だけで決めるのはNGです!!

とくに東京は狭い土地に住宅がひしめいているので、日当たりや住環境など実際に自分で足を運んで確かめることをオススメします。


お部屋探しなんて初めてだし何をチェックしたら良いのか分からないよ。

そうだよね、地元は車で移動が基本だったけど東京では電車が主な移動手段になるから駅が近いととっても便利だよ!

そこで内覧の時にチェックすべき項目をピックアップしてみました

内覧チェック項目

  • 日当たりは良好か
  • 部屋の広さは十分か
  • においは気にならないか
  • カビが発生していないか
  • ベランダからの景色
  • 遮音性の高さ
  • 部屋は傾いてないか
  • コンセントの場所と数
  • 搬入経路の広さ
  • 最寄り駅までの距離
  • スーパーやコンビニまでの距離
  • 収納の有無、広さ

防犯面を気にする人には付け加えて

  • 2階以上
  • オートロック
  • 周辺の治安

以上をチェックしましょう!
他にも自分のこだわりや決め手がある人は重点的にお部屋をよく見て住む場所を決めると良いですね。

お部屋を決めるときまずは賃貸サイトから部屋の画像や間取りを見て気に入ったものの中から決めますよね。ネットに掲載されている画像は綺麗だし、東京まで...

 引っ越し

お部屋が決まったら次は引っ越しです。
引越しといっても荷物をまとめて引越し業者に運んでもらう以外にもやることは多々あります。以下にまとめました。

引っ越しやることリスト

引っ越し前

  • 引っ越し業者選定
  • 引っ越し見積もりを依頼
  • 今の家の大家さんに解約の連絡
  • 粗大ごみ・不用品の処分
  • ダンボールなどで梱包
  • 新居の家具配置を検討
  • 役所で転出届を提出
  • 役所で国民健康保険の資格喪失届け
  • 役所で印鑑登録の廃止
  • 電気・ガス・水道・ネット・電話の停止手続き
  • 郵便物の転送届け
今いる街から晴れて東京へ移り住むことが決まって引越しの準備をしようと思った時に、「あれ?何からしたらいいの?どんな手続きをしらいいの?」と思い悩...

引っ越し後

  • 引っ越し業者へ配置指示
  • 電気・ガス・水道の使用開始手続き
  • 役所で転入届を提出
  • 役所でマイナンバーの住所変更
  • 役所で国民健康保険加入手続き
  • 役所で国民年金住所変更
  • 役所で印鑑登録
  • 運転免許の住所変更
  • 銀行口座の住所変更
  • 保険の住所変更
  • 携帯電話の住所変更
  • クレジットカードの住所変更

引っ越しも初めてだけど一つずつやってみせるわ!!

応援してるよ!引っ越しが終わればこれで晴れて東京都民だね!

主なやることリストは以上になります。こうしてみるとやることがたくさんありますね。私も上京した時に実際に行った手順です。引っ越しは確かに大変ですが、これを乗り越えると東京での新生活が待っていますよ。

さて、引っ越しを終えると次にやることが転職活動です。

 転職


引っ越しも終わったから転職だー!とりあえず聞いたことある大きい会社からエントリーしちゃえ!

ちょっと待って!何も考えずに転職活動をするのは危険だよ!まずはプロに相談してみることから始めよう!

住所も東京になり引っ越しも一通り終えて次にやることは転職活動になります。
引っ越した後に転職をする理由は、住所を東京としていることで通勤圏内であるというアピールになる他に転職活動をする上で身動きが取りやすいからです。

東京には地方に比べてお仕事がたくさんあり、お給料の水準も高いのが特徴です。
しかし求職者の数も多いので競争率も高いです。

自分で求人を見つけてエントリーするのも良いですが、土地勘のない情報弱者の上京組はどうしても不利な状況になります。
東京で仕事を勝ち取るには、転職エージェントの力を借りて転職活動を進めた方が効率よくスムーズに転職が出来ます。

転職エージェントを利用するメリット

  • 自分に合った求人を選んでくれる
  • やりたい仕事や希望などを相談できる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる
  • 応募の手続きをしてくれる
  • 面接日や採用までのスケジュールを調整してくれる
  • 面接対策をしてくれる

まずは転職エージェントへ2~3社登録しておくことをおススメします。
履歴書や職務経歴書もあらかじめ準備しておくと担当の方とスムーズにやりとりができるのでしっかりと転職に向けて準備をしておきましょう。
地元に居ながらでも早めに準備に取り掛かっておくと良いですね。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
上京するのにたくさんやることがあるので驚いた方もいるかもしれませんが、上京したいとう強い気持ちがあれば必ずやり遂げられます。地方でつまらない毎日を繰り返していた私が今東京に住んで働いているのも、この当時の強い想いがあったからこそだと思っています。

東京には最先端のショップやお出かけスポットに話題のお店など楽しく刺激的なことがいっぱいです。

いろんな考えや価値観を持った人と関わるので、視野も広がり毎日とても楽しいですよ!上京したいなという方はまず初めの第一歩を踏み出して上京を成功させてほしいと心より願っております。

関連記事

関連記事がありません。