東京でお部屋を借りる前に知っておこう!初期費用って何?いくら必要なの?

お部屋を借りるときに「初期費用」という言葉を聞いたことありませんか?

最初に必要となるお金だとぼんやりと知っている方もいるかもしれません。しかし、具体的に何にいくら必要なのか良く分からないという方も多いかと思います。

この記事ではお部屋を借りるときに何にいくらお金がかかるのか、最初にお金をどれくらい用意しておけばいいのか、詳しく解説していきたいと思います。

初期費用とは

初期費用とは、住宅の購入や新築時にかかる費用のこと。また、賃貸住宅への入居時にかかる費用のこと。

出展:SUUMO住宅用語大辞典

初期費用となる項目

敷金

敷金とは大家さんに払う預け金です。

家賃が払われなかった時や、部屋を汚したり損傷させたときの修繕費用として徴収されるものです。

相場としては家賃の1~2ヶ月分かかります。

礼金

礼金とは大家さんに払うお金のことで、「貸してくれてありがとう」という意味があります。基本的にお金は戻ってきません。

相場としては家賃1~2ヶ月分かかります。

仲介手数料

仲介手数料とは不動産屋に払うお金です。大家さんと借りる人をつないでスムーズに契約を成立してくれたお礼として払います。

相場は家賃1ヶ月分かかります。

前家賃

前家賃とは契約した月の翌月の家賃を契約時に支払うこと払うことをさします。

翌月の家賃になるので1ヶ月分となります。

日割り家賃

日割り家賃とは契約月の残り日数分を日割り計算して支払うお金のことです。

契約日によって異なってくるので事前に確認しておきましょう。

火災保険料

賃貸住宅では火災保険に加入することが義務となっています。

通常は2年契約で、保険料は1万5000円~2万円となります。

鍵の交換費用

鍵を新しいものに交換する際にかかる費用です。

鍵の種類によって料金は様々ですが、1万円~2万円が相場になります。

トータルでかかる初期費用

それではトータルでいくらお金が必要なのか、各項目ごとにまとめました。

敷金 家賃1~2ヶ月分
礼金 家賃1~2ヶ月分
仲介手数料 家賃1ヶ月分
前家賃 家賃1ヶ月分
日割り家賃 契約日によって異なる
火災保険料 1万5000円~2万円
鍵の交換費用 1万円~2万円

 

以上を踏まえて初期費用はトータル家賃4ヶ月分~6ヶ月分ほどかかる算段になります。

例えば家賃6万円の部屋を借りるなら、初期費用として24万円~36万円ほど用意しておけば大丈夫です。

また、契約の時に不明点があれば必ず不動産会社の人に質問をしましょう。理解するまで説明をしてくれますので納得してから契約をするようにしてくださいね。

さいごに

新しくお部屋を借りて住むには初期費用の支払いは免れませんが、意外とお金がかかりますよね。

家賃によって初期費用も異なってきますので、目安として家賃4~6ヶ月分なんだと覚えておくとよいでしょう。

もっと初期費用を抑えて上京したい!という方は、敷金・礼金・仲介手数料がかからないお得なサービスを使うことも検討してみてはいかがでしょうか?

コチラ↓

上京するには仕事と住む部屋を決めなければなりません。しかしながら、どうしても自分ひとりで仕事とお部屋探しを行うには時間と手間がか...

関連記事

【初めての部屋探しの方】内覧はなぜするの?内覧チェックポイントは?

東京で暮らそう!お部屋探しから契約までの手順を解説!