【初めての部屋探しの方】内覧はなぜするの?内覧チェックポイントは?

お部屋を決めるときまずは賃貸サイトから部屋の画像や間取りを見て気に入ったものの中から決めますよね。ネットに掲載されている画像は綺麗だし、東京まで見に行くのも面倒くさいという理由で、内覧に行かずに部屋を決めてしまう方はいらっしゃいませんか?

正直にいうと内覧をせずに部屋を決めてしまうのはとても危険です。

内覧には部屋を実際に目で見て確かめるいう意味がありますが、周辺環境であったり駅までの距離などチェックすべき項目は山ほどあるのです。

この記事では内覧をなぜするのか、内覧の際にチェックすべきポイントについて解説していきます。

内覧はなぜするのか

今はネットの画像も詳しく載っていますし、周辺環境の写真もある中でわざわざ足を運んで部屋の内覧をする理由はあるのでしょうか。

内覧をする理由はネットに載っている情報では分からない細かい部分を確認するためです。

例えば物件から駅までの距離が徒歩10分となっていても、坂道かもしれないし横断歩道がいくつもあって実際には15分かかる恐れがあるかもしれません。

また部屋はキレイでも隣との壁が薄くて生活音が丸聞こえであったり、隣の部屋がごみ屋敷で虫がわくなど思いがけないトラブルがあることも。

もちろん部屋の内覧なので水回りの清潔さやコンセントの場所や通路のサイズなど確認すべきポイントはたくさんあります。

以上のように、内覧せずに住み始めたら回避できない問題を事前に確認するという意味があります。引っ越しても一つ我慢ポイントがあるとまた引っ越しを繰り返すことになればお金も高くつきますよね。

自分がこの街で、この部屋で住むということを想像して物件の内覧をしてみてください。

内覧チェックポイント

いざ借りる部屋を見に行った時に何を確認すべきなのか、ポイントを一覧にしてみました。

  • 昼間の日当たりは良好か
  • においは気にならないか
  • カビが発生していないか
  • ベランダからの景色を確認
  • 遮音性は高いか
  • 部屋は傾いていないか
  • コンセントの場所と数
  • 玄関や廊下などの搬入経路の幅を確認
  • 物件から最寄り駅までの距離
  • スーパーやコンビニまでの距離
  • 収納の広さ
  • 水回りは清潔か

以上の点を一つずつ確認して、不明な点は一緒に内覧をしている不動産会社担当者の方に尋ねてみましょう。

また、女性の方は防犯面を気にする方が多いと思います。安心して暮らすためには、防犯対策をしておくことは重要です。そこで防犯面でのチェックポイントもまとめてみました。

  • 2階以上の部屋にする
  • オートロック付きの物件にする
  • ベランダから侵入されにくいか確認
  • 二重施錠
  • 防犯カメラがロビーにあるか
  • モニター画面付きインターホンがあるか

備えあれば患いなし!防犯を意識するなら物件選びがとても大切なので内覧の際は以上の点もチェックしておきましょう。

さいごに

物件を選ぶときに部屋の写真と、グーグルマップでの周辺確認だけで済ませてしまう方がいますが、私はやっぱり内覧はしてほしいと思う派です。

実際に駅から物件まで歩いてみたり、これから住む街の雰囲気を見てみるなど収穫は大きいと思います。充実した毎日をおくるために自分の足を運んでみてください。

皆様が「自分がこの部屋で生活している」というイメージが湧く物件に出会えることを願っています。

関連記事

東京でお部屋を借りる前に知っておこう!初期費用って何?いくら必要なの?

東京で暮らそう!お部屋探しから契約までの手順を解説!