上京する前に知っておこう!東京で暮らすメリットとデメリット

 


いきなりだけど、東京で生活するって聞いて何を思い浮かべる?

え、いきなりだなぁ…!満員電車に耐えるとか?あと渋谷のスクランブル交差点のような人混みとか?

 

みなさんも何を思い浮かべたでしょうか?
満員電車や人の多さを真っ先に思い浮かべる方、キラキラした繁華街や、若者の中心地である渋谷を思い浮かべた方もいるでしょう。

ご想像通り、東京で生活する上で避けて通れないのは、毎朝の通勤ラッシュです。

一転して、最新のスポットやお店がすぐ近くにありますし、インスタ映えするようなキラキラした場所も多数あります。

でもイマイチ東京で暮らすことが想像できない東京生活に不安を抱えている方に向けて、私が暮らしていて感じるメリットとデメリットをあげて解説してみたいと思います。

メリットやデメリットを知れば、想像と違っていた!というギャップも減らせるかもしれません。

東京生活のメリットとデメリット

デメリット

満員電車

東京の満員電車は田舎とレベルが違います。通勤時間帯(朝の7時〜9時)は大混雑で途中で気分が悪くなるような混雑具合です。また遅延も多いので朝は余裕も持って早めに家を出ることが大切です。

痴漢に合うかもしれないリスク

満員電車と切っても切り離せないのが痴漢問題です。女性の方は女性専用車両に乗るなど身を守ってください。たまに女性専用車両がない電車もあるのでその時はなるべく女の人の近くにいるなど対策しましょう。

どこに行っても人が多い

どこに行っても人!人!人!で溢れ返っています。最初はこんなに人が集まってお祭りでもあるの?と思ってしまうくらいです。お店に入るなら事前に予約を取っておくなど対策をすると行列に並ぶこともなくスムーズに入店できますよ。

大混雑だとまっすぐ歩けない

ターミナル駅だと特に感じるのですが、たくさんの人がそれぞれの方向へ行くので真っ直ぐ歩くことが難しいです。歩きスマホをしている人や目の不自由な人、お年寄り、ベビーカー、色々な人が歩いているのでぶつからないように注意してくださいね。

トイレは行列

デパートや駅など女性トイレ側は行列ができている光景をよく見ます。トイレは並ぶものと思って、お出かけの前にトイレを済ますなどして対策をしましょう。

家賃が高い

東京都を住所にするには家賃がそれなりにかかります。基本的にターミナル駅に近ければ近いほど、高いと思っておいてください。山手線の中や山手線沿線も高いです。逆に、埼玉や千葉に行くと家賃は抑えられます。月々払える範囲で家賃設定をしましょう。

以下に東京の家賃相場を載せておきますので参考にしてみてください。

※1Kタイプ 該当駅より徒歩10分以内、20~25m2、築10年以内
 バス・トイレ別の平均値を当社独自に調査したものです。(2009年8月現在)

出展:賃貸マンション.comホーム

物価が高い

東京の物価は田舎と比べると高めです。旅行やお部屋探しの際に上京した時には一度スーパーにも立ち寄ってみてください。どれくらい田舎とギャップがあるのか体感できます。飲食店のメニューも少しだけ高めに感じます。

 

メリット

交通網が発達しているので車要らず

交通網が日本一発達しているので車は必要ないです。新幹線や特急列車を利用すれば旅行の行き先も困ることはありません。電車は数分おきに来るので、何十分も駅で待つことも無く、とっても便利です。

終電が遅くまで動いている

遅くまで飲んでいる時に、気にしてしまうのが終電ですよね。東京では12時を過ぎても電車はまだ動いています。終電を逃してしまうことも減ります。

最新のスポットやイベントが多い

テレビで話題のお店やSNSで人気のスイーツ。週末にはイベント。最新のトレンドが全て揃っているのが東京という街の醍醐味です。テレビで放送された都内のお店はすぐに足を運べる距離にあるので、気になったらすぐに行くことも出来ます。

日本初上陸店は東京が多い

スイーツのお店で多いと思いますが海外系のお店で日本に初上陸する時は東京での出店が多いです。上陸した日にはお店の外に行列が出来てしまいますが、並んでも行きたい注目スポットに度々なっています。

お出かけやデートする場所がたくさんある

私の場合、地元ではイオンモールくらいしか遊びに行くところが近場にありませんでした。東京では電車に乗ればすぐに水族館や動物園、デパートに大きな公園などたくさん遊びに行く場所があるのでお出かけの場所には困りません。将来家族を持っても、子供に飽きさせることなくお出かけが出来ますよ。

仕事以外の息抜きがたくさんある

遊びに行くところがたくさんあると仕事以外の息抜きがしっかりと出来ます。1人でカフェでお茶するも良し、のんびりショッピングしても良し、街歩きや演劇を見るのも良し。自分のスタイルでお休みを充実させると仕事も頑張れるものです。

人と人との距離感が丁度良い

東京の人は冷たいとよく言われますけど、決してそんなことはありませんよ。電車で席を譲り合う光景はよく見られます。ただ、人が多いのであまり他人に干渉しないようには感じます。その適度な距離感が私は居心地が良いと思います。

お一人様が怖くない

東京は1人でご飯を食べたり、1人で行動している方はたくさんいらっしゃいます。1人でいるからといってジロジロ見られることもありませんので、堂々とお一人様ライフを楽しめます。お一人様にこんなに優しいのは東京ならではだなと思います。

 

東京で生活する心構え

上京する際に覚悟しておいてほしいことはやはり満員電車です。

朝の通勤ラッシュの時間帯(7時〜9時)は狭い車内にぎゅうぎゅうと人が押し込められた状態になります。まさに上の画像のような状態です。知らない人と身体が密着してしまうので慣れるまでは必死に耐えるしかありません。私も未だに満員電車は唯一のストレスポイントです。

 

また、東京は車が必要ないほど交通網が発達しています。東京の路線図をみたことありますか?

出展:株式会社メイク

 

蜘蛛の巣状に広がっているのを見て分かるように都内だとどこにでも電車で行けてしまいます。田舎で車は必須でしたが、東京では電車が都民の足です。うまく電車を使ってくことが東京立ち回りの鍵になります。

 

まとめ

いかがでしょうか?
満員電車や人混みなど我慢ポイントは少々ありますが、オンとオフの切り替えが上手く出来る場所が東京だと私は思います。職場では仕事に集中、プライベートでは自分の趣味やお出かけに当てて充実した東京ライフを送ってほしいと思います。

まだ不安がぬぐえないという方は一度期間を問わず、少しだけ東京に遊びに来てみてください。朝の風景や人の多さなど体感出来ると思います。自分が東京でどのように生活していくのか、リアルに感じ取れるヒントになるかもしれません。

 


百聞は一見に如かず!実際五感で感じ取ることも大切だよ!ぜひ東京に一度遊びに来てね!

関連記事

関連記事がありません。