上京したいけどお金っていくら必要?上京にかかるお金について

夢を叶えるために上京したい!東京に行きたい!けど、まず始めに考えてしまうのはお金の問題ですよね。

 

現実問題、お金がないと食べることも住むことも電車に乗ることもできません。少ない貯金で上京して、向こうでバイトしたら良いと安易な考えだとすぐに貯金が尽きて地元へ帰ることになります。東京に住み生活を送るにはある程度の蓄えが必要となります。

 

そこで、みなさんの悩みの種である上京資金について何にどのくらい必要なのかどのくらいお金を用意すれば良いのかそのような疑問を解決したいと思います。

 

上京する際にかかるお金を知ろう


私いま貯金が少なくて・・・それでも上京したいの!あといくら貯めれば良いの?

どのくらいお金が必要なのか、まずは上京にかかるお金の項目を知ることから始めましょう!
主に上京する際にかかるお金は以下になります。
  • 東京までの交通費
  • 引っ越し費用
  • 部屋の初期費用
  • 家具や家電の購入費用
  • 数ヶ月分の生活費
それでは一つ一つの項目を詳しく見てみましょう。

 

東京までの交通費

 

まずは東京までの交通費を調べてみましょう。飛行機、新幹線、バスなどありますが、あなたが住んでいる地域によって変動がありますのでご自身でしっかりと確認しておきましょう。

 


ちなみに私は福岡県から上京するから・・・新幹線で調べると約2万円ね!

 

引っ越し費用

次に引っ越しにかかるお金をみてみます。

 

単身世帯での引っ越し平均費用は3万円〜6万円です。しかしこれはあくまで平均値であり、あなたの住む地域や荷物の量や時期によって費用は変わってきます

 

引っ越しには通常期と繁忙期があり、引っ越しする時期によって料金が変わってきます。通常期とは5月〜1月、繁忙期とは2月〜4月のことをいいます。
繁忙期だと引っ越し費用が平均1.5倍ほど高くなってしまいます。

 

なるべく安く済ませたいなら通常期を狙って荷物を少なめにしましょう。ベッドや冷蔵庫などの大きい家具家電は現地調達で良いと思います

 

費用を調べるには?

引っ越し費用を調べるには引っ越し見積りサイトで料金の比較を行います。比較した中からお得だと思った会社で詳しい見積もりをしてもらって料金を提示してもらいましょう。

 

オススメ引っ越し見積りサイトはこちら⇒引越し見積もり

 

荷物が少ない方には

荷物が少ない方にオススメなのが大手引っ越し会社で取り扱ってい単身向けパックというものです。一つのコンテナBOXに荷物を積めてもらい、宅急便感覚で引っ越しが出来てしまうサービスです。

 

 

荷物が少ない方はこちらの単身パックだと相場が1万5000円ほどなので、引っ越し費用の節約になりますよ。オプションを付ければ洗濯機の取り付けやテレビの配線などもやってくれます。女の子1人での引っ越しにも安心できるサービスですね。
検討してみてはいかがでしょうか?

 


私は現地で家電や家具を買うからこの単身パックにしようかな!料金は約1万5000円ね!

 

部屋の初期費用

次にかかるお金は部屋の初期費用です。物件によりますが初期費用には家賃4〜5ヶ月分かかるという認識でいてください。

 

また、東京の家賃は日本で一番高いです。地方の感覚だととても高く感じてしまうと思います。住む場所や利便性によって家賃は上下しますが、目安としては手取り収入の3分の1としましょう。

それ以上高くしてしまうと生活がカツカツになってしまいせっかく東京に来ても遊ぶお金が無いという状態になってしまいます。

 

初期費用の内訳と相場

それでは各初期費用の内訳と相場を見ていきます。

 

  • 敷金・・・ 家賃1ヶ月分
  • 礼金・・・ 家賃1ヶ月分
  • 仲介手数料・・・家賃 1ヶ月分
  • 前家賃・・・ 家賃1ヶ月分
  • 日割り家賃・・・ 入居日により異なる
  • 鍵交換費用・・・約1万5000円
  • 火災保険料・・・ 約2万円

 

もし家賃6万円の賃貸アパートに入居するとしてシミュレーションしてみましょう。
計算すると初期費用は27万5000円+日割り家賃
となります。目安としてこのくらいのお金は最低限用意しておくと良いでしょう。

 


私も家賃は6万円前後で探してるから約30万円は初期費用で必要ってことね!お部屋を借りるってお金かかるのね。

 

家具や家電の購入費用

家具や家電を一から揃える人は購入するお金も用意しておきましょう。
必要な家具と家電の目安の値段を以下の表にしてみました。

 

冷蔵庫 2万円〜4万円
洗濯機 3万円〜4万円
電子レンジ 5000円〜1万円
テレビ 2万円〜3万円
掃除機 5000円〜1万円
炊飯器 5000円〜1万円
ベッド 1万円〜2万円
布団セット 5000円〜1万円
マットレス 2万円〜3万円
テーブル 3000円〜5000円
タンス 1万円〜3万円
テレビ台 5000円~1万円
カーテン 5000円~1万円

およそ15万〜25万円ほど用意しておけば必要最低限の暮らしが出来ます。加えて、食器や洗剤などの日用品も揃えることを忘れないようにしてくださいね。

 

 

余裕を持って家具家電に25万円っと。日用品は100円ショップやドラッグストアでさくっと揃えれば大丈夫ね。

 

 

数ヶ月分の生活費

最後に生活費です。

 

なぜ数ヶ月分の生活費を用意するのかというと、お仕事が決まってもすぐにお給料は貰えないからです。
上京してすぐに仕事を見つけることができれば、翌月にお給料が入りますが、なかなか仕事が決まらないという場合もあります。
それを見越して数ヶ月分の生活費は手元に持っておきましょう。

 

生活費も個人の使い方によって差がありますが家賃6万円の一人暮らしの方をモデルにして見てみましょう。

 

派遣社員Aさん  家賃6万円  外食派
家賃 6万円
光熱費 1万円
食費 3万円
通信費 1万円
日用品費 5000円
衣類 5000円
医療保険 5000円
交際費 2万円
定期券代 1万円
合計 15万円5000円

この方は1ヶ月の生活費に15万5000円かかっています。こちらのモデルを参考にして考えると、2ヶ月分の生活費で約30万円かかります。余裕を持ってお金を用意しておくとことが大切です。

 

 

すぐに仕事が決まらないリスクもあるし、私は3ヶ月分の生活費を貯めることにするよ。だから約45万くらいね!

 

まとめ

上京するにはお金の問題が一番気になることだったと思います。
少しリアルに上京資金について考えることが出来ましたでしょうか
もう一度用意するお金をまとめてみると以下になります。

 

  • 東京までの交通費
  • 引っ越し費用
  • 部屋の初期費用
  • 家具や家電の購入費用
  • 数ヶ月分の生活費
意外とお金がかかるということが分かったと思います。
もちろん節約したい人はシェアハウスや家具家電付きの部屋に引っ越すなど、工夫次第で上京資金を節約することが出来ます。

しかし何よりも言えることは、お金を用意することが上京への第一歩となるということです。
お金に余裕があれば、転職活動に専念出来るという点が一番大きいです。お金の底が付きそうで焦って適当に仕事を決めてしまった方がリスクになります。

 

自分の納得するお仕事を見つけて基盤を築いていき、東京での生活を心から楽しんでほしいと思います。

 


上京資金のめどはついたかな?

うん!私は合計約100万円は最低用意しなきゃいけないって分かったわ!リアルな数字が出たし、改めて貯金頑張る!!

頑張ろうね!東京で待ってるよ!

関連記事

賢くお金を貯めよう!上京資金を貯める5つの方法

上京したいけどお金が無い?お金を最小限に抑えて上京する方法