【会社を辞めて上京したい人】会社を円満に辞めるまでの4ステップ

今年こそ今の会社を辞めて東京へ行ってやる!と決意している貴方。
上京を叶えるためには今勤めている会社を辞めなければいけません。でも辞めるには勇気も必要ですし、上手く退職まで持っていけるか不安ですよね。

しかし安心してください。しっかりと対策を行えば案外簡単に仕事は辞めることが出来てしまいます。
今回はなるべくスムーズかつ円満に会社を辞める為に、会社を辞めるまでの手順を4ステップで段階別で紹介していきたいと思います。

会社を辞めるまでのステップ

ステップ1 退職日と退職理由を決める

会社を辞める前に退職日や退職理由をあらかじめ決めておきましょう。
退職日は有給休暇の残数や上司との相談で最終的に決まりますが、目安としては2〜3ヶ月後に設定しておくと良いでしょう。
退職の書類を出して通常ならば2週間で会社を辞めることは出来ますが、引継ぎや後任の採用などあると思いますので期間に余裕を持って設定すると安心です。

また、退職理由も同時に考えておきます。退職理由は個人的な理由かつポジティブな内容でまとめると良いです。
例えば、「今は○○という仕事をしていますが、○○という仕事に興味があり、資格も活か取得しましたので転職をしようと思います。」など具体的に決めておきましょう。

ステップ2 直属の上司に相談する

退職日と退職理由を決めたら自分の所属する部署の直属の上司に退職の意を伝えましょう。
まずは上司と二人きりで話し合える場を設けてもらえるように声をかけます。
「ご相談がございますので、少しお時間よろしいでしょうか?」
というように、少し真剣な表情や声で話しかけましょう。
二人きりの空間になったらすぐに会社を辞めますと言うのではなくて、まずは相談という形で話を進めましょう。
その時に、先ほど考えた退職理由を添えて話してください。

上司はきっとあなたを会社に居続けるられるように改善策を提示したり、引き止めたりするかもしれませんが決意は固まっているとハッキリと伝えることもポイントです。
すんなりと了承してくれることもありますが、すぐには了承を得られない場合もありますので根気よく繰り返し何度も説得を続けてみましょう。

ステップ3 承諾を得たら退職書類を提出

上司への承諾を得たらついに退職にむけての書類作成にうつります。
作成する書類は「退職願」または「退職届」です。
二つの書類の違いは

退職願…労働契約の解約を願い出るもの。承諾されて初めて退職となる。
退職届…明確な意思表示となり、受理された時点で退職となる。

退職願と退職届は似て非なるもので、退職願は提出しても退職を撤回することが出来ます。
しかし、退職届は一回提出したらその後は撤回はできません。
それゆえ、退職の決意が固い方は「退職届」の提出を行い、迷いのある方は「退職願」を提出した方がもしものトラブルを避けることが出来るかもしれません。

ステップ4 退職日までに挨拶回りや引継ぎを行う

上司に退職の承認を得て、退職の書類も提出したなら、あとは退職日を待つだけです。
退職が決まったからといって適当に仕事をしていいわけではありません。
退職日の最後まで仕事に責任を持って円満に退職できるように努めることが大切です。
退職に向けて、今までお世話になった会社の方々や取引先に方に挨拶回りを行いましょう。
また自分の業務のマニュアル作成や後任の方への引継ぎ等やることは沢山あります。

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざ通り、立ち去る者は後始末をして見苦しくないように旅立つことを心がけて退職日までを過ごしていきましょう。

まとめ

上京を決意して次に立ちふさがる退職問題ですが、少しの勇気を振り絞って行動すると案外とんとん拍子で話が進むことも少なくありません。一つ一つ着実にこなしていきましょう。
では、ステップをもう一度まとめてみます。

会社を辞める4STEP

STEP1 退職日と退職理由を決める

STEP2 直属の上司に相談する

STEP3 承諾を得たら退職書類を提出

STEP4 退職日までに挨拶回りや引継ぎを行う

 

なかなか行動に起こせないという方こそSTEP1の退職理由を熟考しておくことをお勧めします。
「どうして退職するの?」
「次はどうするの?」
と聞かれても、一貫した退職理由と次へのスキルアップのための意気込みを話せるようになっておくと説得力が増すからです。
緊張するかもしれませんが、東京への第一歩としてしっかりと準備をして円満に退職するよう行動してみてください。

 

関連記事

関連記事がありません。